当院について インタビューより抜粋 

【院長:浦川 武之】

創業昭和60年6月10日、34年目。1985年、卒業してから個人の胃腸外科で3年、その後開業。

今の場所は2箇所目で最初は12坪のところで16年間業務。2001年に今の場所に変わった。

現在スタッフ5名最初の4年は一人で始め、少しずつ従業員がついてきた。

 

 

34年間、今に至るまでの移り変わり、気持ちの変化は・・・

とにかく若い時は痛いはりを絶対しない。自分より優れた先生がいるのに、患者様に対する門を閉じてはいけないという気持ち。

患者様の笑顔をもって、自分の評価とする。自分が自己満足できる治療ではダメだなと。

 

10年前の自分がそこに存在するとしたら、あの時の患者様気の毒だったな・・・と、

今の自分の方が10年前の自分より実力があるぞと言えるような10年後の自分を作りたいという気持ちだった。

 

 

50歳過ぎてから、今までやってきたことの確認をするような10年。

 

今の若い施術者には提供というよりは、僕が10年かかった事を3年でやってもらえれば、患者様にとっては喜ばしい事。

若いというだけで何も知らない、何も出来ないと見られるのが僕らの世代の時にあった。

 

94%の人は鍼灸を知らないと言われているのであれば、パイを広げるためには一番に痛くないはりで

安心・安全を売りにする事が大事だろうし効果を見せる時に、アクションを求めて行く事が大事。

 

 

東健技塾・・発足3年目。座学と実技。ペーパー上の勉強ではなくて、手技。

 

自分の技術は減るものではないから、若い人に持っていてもらえたらいい。

自分一人でやったって大した事は出来ないが、多くの人みんなでやれば、1歩進んでもそれが6人いれば6歩になるという考え。

検証・確かめに繋がり、結局のところはお客様にすぐ還元できる。自分一人が歩む道ではない。

 

地雷を踏むなら、僕が踏む。

 

今やれる事をやるしかない。

​お問合せ・アクセス

施術時間 9:00~18:00 

平日・土曜日・日曜日・祝日・祭日も開業しております。

〒791-8032 愛媛県松山市南斎院町951番地11  駐車場完備 

TEL 089-973-3588

© 2018- 2019 by urakawashinkyu.