​小児はり

Children's

小児はりで、親子共に笑顔にしたい。

浦川鍼灸治療院、小児はりへの想い​​

●毎日の生活の中で幸せだと感じる時間を増やしたい

●小さなお子さんは今、発達途中なのですごく不安定で、様々な事に反応してしまう

●東洋医学で用いる「ツボ」もまだ定着していない

●皮膚は最大の臓器で、ダイレクトに内臓への刺激が伝わる

小児はりとは刺すわけではない

皮膚にまるで産毛で触られているかのようなフェザータッチをしてあげるだけでかん虫・夜泣き・乳はきなど改善

母親の想い

●母と子は、つながっている

●母が苦しいと子も苦しい

治す、治りたい、よくなりたい。

​この想いは患者本人・親がちゃんと意識をする事